春日部セントノア病院

川越セントノア病院 総合
トップ
取り組み
施設案内
スタッフ紹介
イベント紹介
入院案内
職員募集
病院新聞
病院の沿革

イベント一覧

病院短信

2016年6月

『楽天発想』

 

連日余震が放送されている今回の熊本地震、近年では最大の地震であり熊本県内に甚大な災害をもたらしました。災害によりお亡くなりになった方々にご冥福をお祈りすると共に、被災されたすべての方に心よりお見舞い申し上げます。現在も1万人の方が避難生活を余儀なくされています。一日も早い復興を願っております。



田植えも終わり、爽やかな風が青田を渡る季節となりました。

私の6月のイメージは「雨で憂鬱になる」「また一つ年を重ねる」とマイナスイメージでしたが、精神科医・斉藤茂太著の『いい言葉は、いい人生をつくる』の本に出会えた事で、少しずつですが『楽天発想』に考え方を変える事ができました。

例えば、「雨で憂鬱だなぁ」と考えるか「これで蒸し暑さもおさまる、ありがたい」と考えるのか。同様に「年を重ねてしまう」ではなく「これまで元気に生きて来れたことに感謝」と考え方を少し変えるだけで、その日の心情が180度変わってしまう。前向きに考えればよいのです。仕事で落ち込んだり行き詰った時はこの本を手に取り、自分の状況に合った言葉と文章を読む事でメンタルケアとストレス解消につながり、「よし!明日も頑張るぞ!」とモチベーションを上げる事にも役立っています。そして、いつの間にか私を支えてくれる存在となっている、この本の中のお気に入りの言葉をいくつかご紹介します。



・「できること」が増えるより「楽しめること」が増えるのが、いい人生

・「どうせ」という口癖を「もしかしたら?」に変えてごらん

・気配りに「今度」という言葉はない

・クレームこそ「ありがとう」と言おう

・過去は安い本と同じ。読んだら捨てればいい



また、この本からの抜粋ですが、当院のケアに活かせると思える文章がありましたのでご紹介します。



表面をつくるということは、内部を改良する一種の方法である… 夏目漱石

「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ」… ウィリアム・ジェームス

笑顔は人のためならず。ニコニコ顔の効用は、相手を快くさせてくるのだ。笑いには脳の活動を高める効果があることは生理的にも実証されている。病院寄席を開き、患者さんの治療に役立てている病院もある。



当院の理念でもある「認知症患者にとって、スタッフの笑顔、優しい言葉、思いやりは全ての医療、全ての薬に勝る」を実践するためにも、自分自身をしっかりコントロールし業務にあたりたいと思います。

 


1病棟看護師長  渡辺 仁美